株式投資の魅力とメリット

株式投資のメリット

お小遣いを大幅に増やすチャンス!?

株式投資によって得られる主なメリットには以下のようなものがあります。

・値上がり益(キャピタルゲイン)
・配当(会社が得た利益の還元=インカムゲイン)
・株式分割(発行済みの株式が分割されて株式数が増えること)
・株主優待(自社製品や優待券などの提供)

「うまくいけば大儲けできる!」のが株の魅力といますが、もちろんデメリットもあります。
銀行預金と違って元本が保証されていない、つまり損をするリスクがあることです。損をしないためには、ある程度の知識や、株価や情報を日々チェックするマメさも必要になります。

経済に興味を持てる

リスクもリターンもある株式投資ですが、極端に警戒する必要もありません。いくら損をするとしても、自分の投資した金額以上にマイナスになることはないからです。

数千円、数万円から買えるお手頃な株もあります。もちろん、買った株が2倍や3倍になることも珍しくありません。景気回復に伴い株価も好調に推移しています。お小遣いの範囲でドキドキ感を味わうには絶好の金融商品ではないでしょうか。

株をやることのもう一つのメリットが、「経済に興味を持つようになれる」ことです。
経済や政治の動きと株価は密接な関係を持っています。GDPのような経済指標や為替はもちろん、世界のニュース、流行、気候にも株価は影響されます。
円高になればハイテク銘柄が値下がりするし、牛肉が輸入再開になれば牛丼関連の株が値上がりします。株式投資をしていれば、こうした経済の動きを敏感に感じることができるのです。今までボーッと見ていた新聞やニュースが断然おもしろくなります。

楽しさいっぱい株主優待

株主優待は企業からのプレゼント

昨今の株式投資ブームに一役買っているのが「株主優待」の存在です。
株主優待とは、株を買ってくれた株主への企業からのプレゼント。ある一定の条件を満たせば誰でも受けることができます。

株主優待は、自社商品や割引券、食事券などのほか、ワインやお酒、お米、特産物などなど実にバラエティに富んでいます。なかには、たった数万円の投資額でもらえる商品もあります。
株主優待を目当てに株を購入する「優待マニア」も増えているとか。スケジュールを考えて上手に買えば毎月何らかの優待をゲットすることも可能。あなたも魅惑の株主優待の世界にハマってみませんか?

どうやったらもらえる?

株主優待をもらうには、いくつかの条件があります。
まず、株主優待を実施している企業の株を買うこと。全上場銘柄のなかで、優待を実施しているのは900社超。その中から選んで買う必要があります。優待内容や何株買えばいいかといった基準は、自分の証券会社や各企業のホームページで調べることができます。

そして、優待をゲットするために一番大事なのが「タイミング」です。
いつ株を買ってもいいわけではありません。株主優待をもらうには、会社ごとに決められた基準日(=権利確定日)に株主になっていることが必要です。

ここで気をつけなければならないのは、基準日に株を購入しても株主とは認められないということです。株を買ってから株主名簿に載るまでには一定の期間がかかるからです。その期間とは「4営業日」。つまり、3月末が基準日になっている株なら、4営業日前(2006年なら3月27日)に株を買っていれば優待をゲットできるというわけです。

預貯金よりお得な配当金

スズメの涙ほどの金利水準

依然として銀行の金利は超低金利が続いています。例えば2005年12月現在、1年もののスーパー定期の金利は0.03%。300万円預けても、1年後にもらえる利息はわずか900円。ATMで時間外に数回お金を下ろしたらすぐに吹き飛ぶ額です。

こんな低金利の時代に銀行にお金を預けておくのは、ほとんど意味がないばかりか、資産を増やす機会を逃しているようなもの。
日銀が発表した「資金循環の日米比較」によると、日本の家庭では、家計の53%を預貯金が占め、株式・投信は13%に過ぎません。一方、金融先進国の米国では、株式と投信で家計の47%を占めています。いかに日本人がリスクをとらないかがわかります。

配当金なら2%も当たり前

株式に目を向けてみると、1%や2%の配当金を出す企業は当たり前になってきています。
例えば、日産自動車 (7201) の株価は、2005年12月15日時点で1188円。年間配当額は、1株あたり29円(予想)。売買単位は100株ですから、11万8800円の株を1年間持っていると、2900円もらえる計算になり、配当利回りは2.4%です。値上がり(値下がり)しなくても、1年間持っていれば2.4%も資産が増えるのです。

もちろん株は、預金のように元本が保証されている商品ではありません。値下がりするリスクも、業績悪化によって配当が減ることもあります。
単純に預金と比較することはできませんが、高い利回りが期待できる資産のひとつとして、株を家計に組み入れてみるのもいいのではないでしょうか。

こんなに楽しい株主総会

優待と合わせてオイシイ株主総会

株主優待や配当金以外にも、株主になることで得られるちょっとした特典があります。株主総会に出席できることです。
商品の試食ができたり自社所属アーティストによるコンサートがあったりと、趣向を凝らした株主総会を開催する企業が増えています。個人株主のために休日に総会を開催する企業もあります。

株主総会に出席する権利を得る方法は、株主優待をもらう方法とほぼ同じ。その企業の決算日(正確にはその4営業日前)に株式を保有していれば、2~3ヶ月後には「株主総会招集通知書」が送られてくるという流れです。
以下のような企業が特徴ある株主総会を開催しています。

アサヒビール(2502)

アサヒビールでは、株主総会終了後に商品の展示試飲会を開催しています。発売直後や発売前の新商品を試飲できます。株主優待も充実しています。

カゴメ(2811)

株主優待も人気で、個人株主づくりに力を入れていることで知られる同社。株主総会ではありませんが、株主懇親会を毎年大々的に開催しています。試食・試飲コーナーあり、パネル展示や映像によるプレゼンテーションありで、同社の事業内容を楽しく知ることができます。

エイベックス・グループ・ホールディングス(7860)

同社では株主総会の後に所属アーティストによるライブを開催しています。株主優待でも、自社オリジナルグッズやCDのほか、抽選でイベントご招待があります(応募は1回限り)。お気に入りのあのアーティストに年2回会えるチャンス?

さぁ株式投資を始めよう!

どんどん増えるネットトレーダー

ひと昔前は一部のお金持ちや専門家だけが利用していたイメージがある株取引が、一般の人にも身近なものになりつつあります。サラリーマンから主婦、学生まで、今まで株に関心のなかった人もこぞって取引を始めている状況です。

個人投資家が増えている理由には、インターネットの普及によって株取引がより身近になったことや、取引手数料の自由化で売買手数料が安くなったことが挙げられます。

個人投資家の増加とともに、日本市場の株価も数年ぶりの高値にまで回復してきています。外国人投資家やオイルマネーも参戦し、2006年も活況が続くと予想される日本株。今こそ、ネット取引を始める時ではないでしょうか!

オンライントレードならカンタン!

インターネットを利用した株取引のメリットをまとめてみました。

【オンライントレードのメリット】
・手軽に株取引ができる!
・なんといっても手数料が安い!
・会社情報などの情報ツールを無料で使える!

インターネットを利用することで株取引は実に便利になりました。手数料も安く、従来のように証券会社の窓口を通すわずらわしさもありません。
身近で便利なオンライントレード。パソコンが使えてインターネットができればすぐに口座開設が可能。投資金額も数万円からでOK。値上がり益だけじゃなく、株主優待や配当の楽しみもあるオンライントレードを始めてみませんか?

預貯金よりお得な配当金

 

未分類
kablogをフォローする
株式投資ブログ「主婦カブ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました